オシャレは足元から。足元をおろそかにしない。

MENU

足元結構見られてますよ?

足元というか靴はよく見られています

「足元を見る」とよく言葉をよく使いますよね。

 

この言葉は、昔馬やかごで人を運ぶ仕事をしていた人が、旅人の足元の様子を見てを値段をつけてたことから転じて、「弱みに付け込まれる」というような意味で使われています。

 

足元、、、というか靴は思った以上に見られているものなんです。異性にもお店の店員さんにも。バッチリ決まった良い服を着ていても靴がボロボロだったり、服装と合っていなかったりすると、一気に残念な感じになってしまいます。

 

靴の目立たないからこそ手入れに気を付ける

オシャレは足元から

靴は目立たないようですが、実は結構気にして見てる人が多い部分なのです。

 

このような一見目立たないようなところに手入れが行き届いているかどうかで、その人の性格や心や金銭的な余裕なども見抜かれてしまいます。しっかりした方は靴のような目立たない部分もキマってますし、だらしないような人は服はキメてても靴には無頓着だったりします。

 

靴が汚いだけで、いい加減な人間だとみられてしまい信用もされないこともありますので注意が必要です。

 

特に男性の場合は気を付けなければならないのですが、女性はちょっとしたことで恋心が冷めてしまうことがあります。「100年の恋も冷める」といいますよね。

 

靴がボロボロだったり、臭かったり等、靴の手入れはうっかり忘れやすいため気を付けないといけません。たとえば彼女や友達の家にお邪魔した時に玄関に並べてある靴の中が汚かったり臭かったりしたら幻滅されてしまう可能性もあります。